置き換えダイエット継続のコツ
短い間に絶大なダイエット効果を得られる置き換えダイエット。「アッという間に痩せたい」「手間のかかる運動は避けたい・・・」といった女性から人気があるダイエット法じゃないでしょうか。
その反対に、置き換えダイエットはひとたびしくじってしまえば元の体重に戻ってしまう可能性が高くなります。
リバウンドしないで、置き換えダイエットがうまく行くためにはどうすればいいのか、コツをご提案します。

置き換えダイエットを継続する基本

置き換えダイエット継続の基本
私共が日頃食べるものはカロリーの高価なものが殆ど、そのことを熟慮せずにいるとカロリー消費出来ないで脂肪という形でジワジワとストックしてしまうんです・・・。
このようなおかしな食事の内容を修正して、一日あたりの摂取カロリーを制約するのに効果の高いのが置き換えダイエットなんです。

置き換えダイエットとは、言葉からイメージできるように1日3食の食事がある中から1食or2食をカロリー制限食品に置き換えておくる減量法のこと。1食だけだとしても置き換えダイエットに変更するだけで、1日あたりの摂取カロリーをグンッと圧縮できるというわけです。

特段、運動量が減少し、その後は眠るのみになる夕御飯はカロリーを抑制したいから、夕御飯を置き換えることでそれを上回るダイエット効果が期待できるといわれています。
運動やエステに行くより短期間でお金をかけずに痩せられます。

ただひとたびしくじると元の体重に戻ってきてしまう可能性が大きいことも真実。現に「置き換えダイエットをストップしたらリバウンドした」と話す女性も多いんです・・・。
なのでリバウンドする前に身につけておきたい置き換えダイエットのコツをご提案します。

ローカロリーのアイテムを採用する

置き換えダイエットは、ローカロリーのダイエット食材を採用して1日の摂取カロリーを抑制することこそが望みです。食事制限食品内でも、ローカロリーのカロリー制限食材を採り入れることを意識しましょう。

勿論食事制限食品の中にも、日頃のんでいるカロリーとそれほど変わることのない食品もありますので、カロリーの見極めを誤らないっていうのはポイントです!

栄養配分が好ましいタイプをチョイスする

さきほどご説明したように、置き換えダイエット中は栄養分がなくしまいましてぎみ。栄養分がガクンと激減してしまうと、体が栄養不足みたいになって、カロリーを浪費することに必要な基礎代謝が悪くなってしまいます。

それのみならず、筋肉ボリュームもダウンしますし、たくさんのからだの異常が生じる原因にもなりうるので、なるたけ栄養がたくさん含まれ、栄養配分がきちんと設計されているダイエット食材を採り入れるようにすべきです。

自分の好みの味や食感を選ぶ

低いカロリーで栄養配分が見事でも、美味くないとすれば継続することが出来ません。初めは取り組めていても、強引に体内に取り入れるようになり、いずれ「次の日でよろしいや」と置き換えダイエットを中止してしまうことになります。

リバウンドなく、置き換え痩身を達成させるためには、ご自身のお好きな味や味覚にすることもすごく大切です。どういうテーストが好きか、どんな噛みごたえが好きか、あなた自身が最もよく知っていると思われるから、希望のものをセレクトしていただきたいです。

もっと言うなら、好みのものでも毎日だと飽きてしまうので、味がいくつもの種類があったり、炭酸割りや豆乳割りなど工夫のきくダイエット食品に決めることでもおすすめの秘策です。

空腹感を感じづらいものをセレクトする

置き換えダイエットは、食欲との競り合いだったりします。経験が浅い頃は、置き換えダイエットだけでは不足していて、我慢できなくてに食事過多に走ってしまうことだってありますから注意してください。

食欲をいくらかでも軽減するには、空腹感を誤魔化せるものをチョイスするとOKです。食物繊維あるいは、どろっとした液体などはもバッチリです。
食事系のダイエット食品だとすれば、焦ることなくきちん噛むことを意識すると満腹中枢が刺激されて食いごたえがもたらされることができるというわけです。

それでもお腹が空いたときは、そそくさと眠ってしまいた方が良いでしょう!

復食期間を作る

置き換えダイエットをフィニッシュするときは、復食期間を作るケースがリバウンドさせないようにのカギになります。栄養配分のいいダイエット食品を選んでいても、置き換えダイエット中はいつもより栄養分が減っています。

すると脳が「餓死状態なのかも!」と誤認識しててしまい、摂取したものをすんなりと身体にキープするようになってしまいます。
そのまま直ちに以前の通りの食事の内容にもどしてしまうと、過度に栄養成分をストックしてしまい、結局のところリバウンドに至ってしまうかもしれません。

そういうわけで、置き換えダイエットをストップしたというケースでもしばらくの間は、ローカロリーなものや咀嚼にいいものを召し上がるように肝に銘じるぐらいのものです。

置き換えダイエットをリバンドなく成功に導くためには、お教えしたコツだけでなく、長い間やり続ける決断も重要です。
すぐさまキツイ置き換えはフラストレーションのきっかけとなりますので、モーニングとランチだけはきちんと食べて、ディナーを置き換えることからスタートしてみてください。
せめて3ヵ月は継続するようにスケジュールを立て、あなたに適したダイエット食品でスマートボディを目指そう!